感性が豊かすぎるためか、ものごとを悲観的にとらえる傾向があり、神経質で取り越し苦労の多い人です。人生に悲観し、生きているのが嫌になりがちで、深刻に受けとめる質ですから、哲学や心理学、神秘学、精神世界などに惹かれていきます。その思考パターンを乗り超えると、人生に深みが出て、人の痛みが分かる感性と知性を持つこととなります。また、楽観的にもなります。