今回、八ヶ岳イベントのベース会場となるのは
凛とした素敵なたたずまいの

コミュニティ ハウス Ring-Linkホール

こちらの代表取締役である
平川浩之さんは、未来を見据えた
「志」が素晴らしく

まさに、これからの時代の「礎」となる
活動をされています。

観ている視点や方向性はまさに
新たな時代の価値観そのもので
それを実践されている方…と
りえ先生が絶賛されています。

それゆえ、今回、コラボでイベントを
させて頂きたく思ったのだとか…

「NE運命解析学」で観ると
平川さんの本質は
「運と徳を持つ奉仕家」

人生が開花する方向性の
ライフナビゲーションは
「社会・移動」

人と人をつなぐ才能に長け、
社会のために、何かをしたいというキャスト。

実際、
健康で長生きできる環境、
子どもが自分の才能を伸ばし
生き生きと生活できる環境
を整えるべく、

日々人と人をつなぐ活動をされている
まさしく光キャストそのものを
生きているような方です。

ところが、経歴をお聞きすると
とてもユニークなのです。

夜の時代の権化ともいえる
超がつくほどのエリートで、
住友銀行に4年勤められた後、丸紅で24年間
勤務されていたとのこと。

その、平川さんがなぜこの原村で
コミュニティーハウスを立ち上げることに
なったのか?

そのきっかけとなったのは、
ある一本の映画だったとか。

大沢たかお主演の
『Life 天国で君に逢えたら』
余命6ヶ月を宣告された
プロウィンドサーファーの物語。

その時
自身も余命6ヶ月を宣告されたかのような
心境になり、

「今のままでいいのだろうか?」
と本気で考えられたのだそうです。

余命6ヶ月ではないにしろ、
定年を迎えてからでは遅い。
世の中に役に立つとはどういうことだろうか?
と、2015年に退社し、

長寿国でありながら、
健康ではないこの国の現実と向き合い、
健康で長生きできるためのコミュニティ
子どもたちが生き生きと暮らせるコミュニティ
を作りたいと、全国を見て周られた平川さん。

最後に辿り着いたのは
縄文文化が花開いたといわれる八ヶ岳の地。

この地のパワーとご縁に惹かれ
Ring – Linkというホール付きのペンションを購入し
志に向かい、様々な活動を行い
現在に至るのだそうです。

今後は、それぞれが才能を生かし、
助け合って、豊かに生きられる
コミュニティビレッジの仕組みを創り
全国に広げていきたいと
考えられているとのこと。

ここRing – Linkホールは
全国からすばらしい才能を持つ方が多く集い、
お互いに価値提供をし合うコミュニティーと
なっているようです。

今回、素晴らしい方たちが集う
Ring – Linkホールをベースにした
リトリートイベントで

非日常的な素晴らしい体験を是非
味わいにいらしてください!

Ring-Linkさんについての詳細は
こちらからご覧になれます