【賢人・光のキーワード】知的 直観的 研究 発想 計画 器用 精神的
【賢人・闇のキーワード】理屈屋 神経質 厭世的 自己卑下 悪巧み 実行力に欠ける

 

◆基本的な性格
知的で直観的、どちらかというと天才的なひらめき型人間です。
一を聞いて十を知る、勘の良さをもち合わせています。
好奇心旺盛で、ものごとを進めるに当たり、分析、企画、立案する能力に秀でています。

 

飲み込みが早く、一部分の情報から全体の仕組みやポイントを瞬時に察知することができます。そのため、大きなプロジェクトなどで問題が起こったときでも、「こうしたらいいよ」などと適切にアドバイスしてくれる存在です。ここでの役割は、参謀、ブレーンという言葉がぴったりです。
また、精神的な面もあり、森羅万象がわかる感性を持っています。

wiseman

 

 

◆闇の場合・・・【隠遁者】

計画立案、企画は得意でも、考え過ぎて、時に実行力に欠ける面があります。
絵に描いた餅にならないように、コツコツと成し遂げる努力を忘れずに。

また、頭脳明晰で、人が気づかないようなところに気づく賢人は、
人の心の裏表や理不尽さが気になり過ぎて、時に社会と関わりを持つことが面倒と感じ、
隠遁者のように自分の殻に引きこもってしまうことも。

人が気づかない細やかな視点や才能を持つがゆえに、孤立し苦しむこともありますが、
その才能を役立ててこそ賢人となります。人生の方向性を間違わないようにしましょう。

早くから自分の才能を活かせる職業と、信頼できる人間関係を見つけることが大事。
自分がトップに立つよりも、ブレーンとしてサポート役に徹したほうが才能を発揮できます。

recluse